×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

年末からお正月にかけてのグルメ情報〜蟹特集

北海道地場の味



北海道地場の味では、大切なお気持ちを伝える為に、完全オリジナルテキストで一つ一つ制作いたします。

よく無料メッセージにありがちな、テンプレートメッセージを選択ではございません。
送り主様の言葉で、大切なメッセージをお伝えください。

※メッセージの記載方法は、ご注文画面内に指定がございます。
通常通りご注文いただき、メッセージカード希望ボタンを選択ください。



毛ガニのランクについて

近年は、通販でも品質のいい蟹が出回ってきています。

北海道産を始め、○特や、堅蟹など一度は耳にしたことがあるかも知れません。
そこで、いい毛ガニの選び方を毛がにを購入する際の、見極め方の視点で公開します!

POINT-1 産地|時期
毛ガニといえば北海道というイメージがあるかも知れませんが、実は日本海側では能登半島周辺、 太平洋側では宮城県沖でも獲れます。しかし、北海道近海では地図にあるように一年中漁ができるため、 圧倒的に多くの毛ガニが捕られています。

また、毛ガニは脱皮を繰り返し「若」「若上」「若極上」「堅蟹」と呼ばれ身がギュッと詰まった毛ガニとして取引されます。

結論として、一年を通して毛ガニが獲れる『北海道産』の内、脱皮後に時間が経って身がギュッと詰まった『堅蟹』が高品質な蟹の条件です。




POINT-2 加工業者
産地や堅蟹については、色々な情報サイトにも載ってますね。
近年はあらゆる情報がインターネットで調べられる様になりました。
しかし、「加工業者」についてはあまり触れられていません。
理由は簡単です。洗いと呼ばれる蟹の洗浄作業をきちんと行い(これを怠ると身に臭みが残ります)温度を管理し茹であげ、グリースという冷凍焼けが起きない特殊な塩水を2度塗りする作業は、非常に手間の掛る作業です。
当然、品質の高い加工業者の毛ガニは我々の仕入価格も高いのです。
同じ産地の堅蟹でも、加工次第によっては臭みのある身がパサパサした毛ガニになってしまいます。
北海道地場の味では、百貨店さまなどへの納入時に品質の低い毛ガニを納品することはできないので、取引する加工業者も厳選し年に一度は現場に足を運ぶ徹底管理をしています。

POINT-3 流通|品質管理
食品の品質を語る際に忘れられがちですが、実はかなり重要なのが、この流通です。北海道産の堅蟹で管理の素晴らしい加工業者で4特ランクを付けられた毛ガニでも、流通時の温度帯管理が出来ていないと台無しです。

北海道地場の味は、札幌中央卸売市場に隣接した、収容能力34,000トンを誇る東北以北では最大の冷凍蔵として専用のIDパスで徹底した衛生・温度帯管理を行っております。
仕入〜流通業までワンストップかつ高品質を求められる百貨店などへの納入実績と経験がある北海道地場の味にお任せ下さい。

道内リピート注文No.1の鉄板堅蟹【3特|4特】




北海道地場の味の商品等の詳しい情報をお求めであれば、下記をクリックしてご覧いただけます
かに親分販売サイトへ

アフィリエイト依頼主、審査担当の方へ 
私は、1商品に対して1サイトを全て使って商品をご紹介しています。
提携申請させて頂いた商品をこのサイトに掲載するわけではありません。掲載するわけではありません。

もし、審査に通して頂けたなら、、新たに広告主様専用のサイトを作らせて頂きアフィリエイト活動をしたいと思っています。
サイトが無いのに審査するのも、難しいとは思いますが、 広告主様のサイトもこのサイトもしくは、こちらのように作成したいと思っています。